入れ歯
むし歯治療
むし歯の治療方法は、その深さによって変わってきます。
下図はむし歯の深さを段階で示したものです。
各段階では、それぞれ下記のような治療を致します。
むし歯の進行度
むし歯治療の方法
■ 進行度「低」のむし歯
【治療方法】
むし歯が神経まで届いていない場合、浅いむし歯と言えます。このようなむし歯は、むし歯を削り取り、削った穴に詰め物をします。削るときに痛みを感じることもあるので、麻酔をすることもあります。治療期間は1回から3回で済みます。
■ 進行度「中」のむし歯
【治療方法】
歯の神経まで進行したむし歯です。この場合、麻酔をして歯の神経を取ってしまいます(歯は抜きません)。その後、詰め物や差し歯を入れます。治療期間は最短でも1ヶ月を要します。
■ 進行度「高」のむし歯
【治療方法】
歯の根の中をきれいにし、差し歯を入れます。ただしむし歯が深すぎる場合、歯を抜くことがあります。治療期間は1ヶ月程度です。
歯周病治療
歯がぐらぐらする、歯ぐきから血が出る、こんな症状はありませんか?もしかしたら、それは歯周病かもしれません。

歯周病を一言で説明すると、「歯ぐきが炎症(腫れ)を起こす病気」と言えます。歯がぐらついたり歯ぐきから出血するのはその炎症のためであり、放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

どうして歯周病になるのか。それはズバリ「みがき残し(プラーク)」のせいです。そのため歯周病の治療では、歯みがきの指導と、歯みがきでは取ることができなくなってしまったこびりついた汚れの除去を行っていきます。
入れ歯
入れ歯にはすべての歯を失った人に対する「総入れ歯」と、一部の歯を失った人に対する「部分入れ歯」があります。入れ歯を入れることによって噛み合わせの回復はもちろん、口元の美しさを回復させることも可能です。
■ 総入れ歯
■ 総入れ歯のしくみ
総入れ歯には、留め金をかけることができません。その代わりに人工の歯ぐきと自身の歯ぐきとの間に吸盤のような力で安定を図っています。しかし歯ぐきの形によってはこの吸盤の力が出せない場合もあります。そのようなときは口の中であまり動かないような形に歯を作ることになります。

■ 合わない入れ歯にご注意
左のような症状はありませんか?あごや歯ぐきの形は年々変わっていきます。それにつれて入れ歯も合わなくなっていくため、このような症状が起こりがちになるのです。入れ歯の定期的な点検をお勧めします。
■ 部分入れ歯
■ 部分入れ歯のしくみ
歯のなくなってしまった部分に対して人工の歯で噛めるようにするもので、残っている歯に対し、留め金をかけることによって固定する着脱式の歯です。

■ 入れ歯という選択肢
左のようにお考えの方はいらっしゃいますか?実は歯がなくなってしまった分、噛んだときの残っている歯の負担が増え、結果的に歯の寿命を縮めてしまうのです。その結果、いきなり大きな入れ歯を入れることになり、食事や会話に慣れるまでかなりの時間を費やすことになります。
当院では最初は噛む部分があるうちに小さな入れ歯で慣らしていくというのもひとつの手段ではないかと考えます。気になられた方は、一度ご相談においでください。
入れ歯のお手入れについて
●就寝時には外してしっかりとブラシで洗い、少し水を入れたタッパーなどに入れて保管してください。
●部分入れ歯を使用している方は、特に留め金がかかっている歯をしっかりとみがいてください。
●痛みが出たときは無理せず外したままにして、早めに受診してください。
●市販の義歯安定剤をご使用の方は、必ず使用上の注意を守ってください。誤った使用は却って歯ぐきの減りを早めてしまいます。
アクセスはこちら

▲TOPへ