クラウンとは・・・
クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「被せ物」といった呼ばれ方をしています。
比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなく詰め物による治療となる場合もあります。
クラウンの種類
 

オールセラミック

見た目

外側
内側

保険

適用外

費用目安

約40,000円~

構造

全てをセラミックで作り上げている

メリット

歯に一番近い性質なので、歯への負担が少ない。自然な光を透過する優れた美しさをもつ。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。

デメリット

咬み合わせの状態や、はぎしりのある患者様などによっては、利用できない場合がある。



 

メタルボンド

見た目

外側
内側

保険

適用外

費用目安

約22,000円~

構造

セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作る冠

メリット

強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能。



デメリット

経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる。
元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある。

 

銀歯

見た目

外側
内側

保険

適用外

費用目安

約3000~5000円
(保険適応3割負担の場合)

構造

全て、金属で作り上げている

メリット

金属なので強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できる。保険適応なので安価。



デメリット

金属なので見た目が良くない。金属アレルギーなどを引き起こす可能性がある。



治療方法
むし歯が神経まで達していない場合は虫の食っている部分を削り、その上に直接クラウンをかぶせることになります。
神経を取ると、歯に栄養が行き渡らなくなり枯れ木のようにもろくなるため、神経が生きているうちは極力神経は残します。

それでもむし歯が神経まで達した場合には、神経をとって薬でしっかり治療します。
その後、歯根に金属の芯もしくはグラスファイバーの芯(ファイバーコア)を差し込んでから、クラウンをかぶせることになります。
それぞれ太さが異なります。
差し込む箇所により、使用する太さは変わります。
■ クラウンの種類の決め方 ■
保険診療外の治療方法が選択できる段階がきたら、患者様にご説明致します。
患者様にとって、優先されることは見た目なのか、ご費用面か、強度なのか・・・じっくりとご要望をうかがい決定させて頂きます。
但し、以下のような場合は医師にてご判断させて頂く場合もあります。
・歯の土台が頼りない場合
・はぎしりをされる方
・その他、医学的根拠に基づいて決定する場合
アクセスはこちら

▲TOPへ